投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

ジュースやビールの瓶キャップを栓抜き以外のものを使って空ける方法4・5・6

イメージ
今回もボトルのキャップを栓抜き以外のもので空ける方法の紹介映像です。
4.コイン

結構力が要りました。大きめのコインがやりやすいので、日本だと500円玉がいいのではないでしょうか。オーストラリアの50セントコインは大きいうえに、6角形?なのでやりやすい方だと思いました。
5.ペン


予想通り、ペン先が壊れてしまいました。緊急用です。
6.缶カン


缶は意外とお手軽な方法だと思います。叩く面も広いので割と簡単に出来ました。話は逸れますが、ノンシュガー系の食品にはアスパルテームという物質が入っており危険です。飲食し過ぎ注意。

滞在先の愛犬、フレンチブルドッグと遊びました。

イメージ
滞在先の住人がシティに行く為に、愛犬のフレンチブルドッグと一緒にハウスすることになりました。

遊んでみました。

追っかけると、逃げます。しかし、放っておくと近づいてきます。遊んでの合図です。
なかなか捕まえられないのです。犬はやはり足が速い。

ごろっとしてたので、ちょっかいを出します。指をなめます。
あまり興味はないようです。

ぬいぐるみのカエルさんを放ると取ってきます。何往復もすると疲れるのか取りにいかなくなり、水を飲みました。

引っ張り合いの末の、引きずり―です。引きずられるのって楽しそうですよね。

掃除機のローラー部分に興味津々。なぜか、回ってるからか?よく見ると噛まれ傷が多く付いているタイヤ。毎回なのか。

遊び疲れたのか、大抵眠っていました。鼻が低いからなのか、いびきが結構大きいです。

絞めた(死んだ)イカが見せる皮膚表面の面白い細胞反応

イメージ
絞めた後のイカも細胞はまだ生きているようで、面白いまだら模様の点滅が見られます。

僕自身初めて見て面白いなと思ったので紹介させてください。


この動画では、絞めてから数時間たっていますが未だに反応していました。

絞めた直後だと、もっと反応が強いそうなので今後機会があれば見たいと思います。

オーストラリア・フィリップアイランドで開催された世界最高峰のバイクレース「MotoGP 2013」を生で見てきました。

イメージ
フィリップアイランドのサーキットは、滞在先から車で約45分程度の距離にあります。

職場の先輩が大のバイク好きということもあり、誘われ行ってきました。会場に行くまでの道はあまり混んでなかったのですが、会場の駐車場はかなりの数の車とやはりバイクが多く止まっていました。

最終日の20日のみ行ったのですが、1日の当日入場券は95ドルでした。

バイクレースを生で見たのは初めてでしたが、やはりすごい迫力でした。マシンがものすごい早くて驚いたのは当然ですが、音もかなりすごいです。爆音です。

S字のコースを曲がるときは体の傾斜が90度くらい反転することもありました。

世界レベルのドライバーたちはやはり人を魅了します。



ジュースやビールの瓶キャップを栓抜き以外のものを使って空ける方法1・2・3

イメージ
瓶のふたは栓抜きを使って空けるのが一般的ですね。ですが、今回は栓抜きの代用品で空ける方法を紹介したいと思います。

全て身近にあるものになります。

1.安物ライター


2.テーブルや壁の端


3.ipod


いかがしょうか。割と簡単に代用品を探すことが出来ます。基本の原理は一緒です。蓋の下から力を加えるだけです。

今後もいろいろなもので空けられるか試していきたいと思います。

オーストラリア、フィリップアイランドで開催されるMotoGP(バイクレース)前日のバイクパレードの様子

イメージ
僕の住んでいるInverlockというところからPhillip Islandということろは、車で45分くらいの距離です。

MotoGP開催前日の10月18日、家の前をパレードをするバイクが走り抜けました。

数分の間、絶え間なくバイクが走り去っていく様子はかなりの圧巻でした。


オーストラリアで見た面白い光景を紹介したいと思います。

イメージ
オーストラリアの滞在で面白い光景を見ることがります。

まずは、ガソリンスタンドのメーター表示。これはデジタルなのにアナログな表示なのです。

ちょっとわかりにくいですが、空港のフライト情報を示す掲示板を想像していただければご理解いただけると思います。

二つ目は、フィッシングピアで見た波が作り出す面白い光景。少し言葉では説明しづらいですが、映像を見ていただけるとわかると思います。

三つめは、オーストラリア産のビール瓶のふたはスクリューキャップであるということ。栓抜きいらずです。


ケチャップ用の面白鼻血ブーキャップ・「KETCHUP CHARLIE SPREAD HEAD」で遊んでみました。

イメージ
オーストラリアのステイ先で使用しているケチャップ用のキャップが面白いことになっていました。

キャップの部分がキャラクターの顔になっており、排出穴が鼻の穴になっています。

こういうものを発想する人って凄いですよね。

今回はそれを使ってしょうもない動画撮りました。


ハミングでも曲を検索できるという「sound hound」はBeatBoxをも探知できるのか。

イメージ
ふと気になりました。人のハミングすら探知する「Sound Hound」はBeatBoxを探知するのか。

日本で一番有名なBeatBoxerのHIKAKINさんのBeatBoxで試してみました。

結果やいかに。