画像加工ではなくアナログな手法でソフトフォーカスのかかった素敵な写真を撮る

「伊東家の食卓」で放送された裏技を試してみました。

それはビニール(割と透明なもの)に穴をあけて、それをカメラのレンズにあてて撮ると
写真にソフトフォーカスがかかって幻想的で素敵な写真が撮れるというもの。

Adobe Photoshopなどを使えば簡単に出来る加工ですが、持っていないという方には

意外と実用的な技なのではないかと思います。

写真を数枚とってきたので載せます。





如何でしょうか。普通の写真の撮り方に飽きた人には一度試してもいい撮り方だと思いました。

今回はビニールの中央を切り抜いただけでしたが、

切り抜き模様を変えたり、ビニールに色を付けても面白い写真が撮れると思います。

本当に超アナログ的手法ですが面白いです。

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。